株式会社 KoKoRo-iki

3月の運動テーマ「内臓(回旋運動)」

2019.03.01

2019年3月の運動テーマは「内臓(回旋運動)」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内臓には様々なものがあります。消化器系、呼吸器系、泌尿器系、生殖器系など。

その中でも特に腸!!腸は食物が胃で溶かされた後、その中の栄養や水分を吸収する器官になります。

回旋運動をする事で、内臓を温めます。

また体幹には多くの筋肉があり、使う事で発熱をして温まり、

内臓の血行を良くし働きを促し代謝を上げます。

 

 

 

 

 

 

また回旋運動をする事でその他も鍛える事が出来ます。

①外腹斜筋・・・体幹を屈曲や側屈させる働き。

②内腹斜筋・・・体幹を前屈や側屈させる働き。

③下がってくる内臓・・・インナーマッスルの筋力低下、姿勢不良。

 

そして体幹を動かくだけではなく、腹腔内圧を高めたり、内臓の位置を安定したり排便を助ける働きがあります。

今月は回旋運動を多く行っていく事で内臓を動かし便秘や血流の改善、冷え性や悪い代謝を治していきましょう!!

 

 

ページトップへ